SPD情報、SPDの症状、SPDの治療
SPD 財団は、“感覚統合機能障害 (SID)と呼ばれる神経学上での状態、“知覚処理障害 (SPD)”の子ども、大人、そして患者と暮らす家族の生活の質を高めるための国際組織です。”

SPDは視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚、運動感覚などの感覚が、行動へ経験、組織される方法に影響を与える、複雑な脳障害です。概算で6人に1人の子どもが、日常生活で影響を受けていると見られています。

知覚に関するパイオニアのルーシ・ジェーンーミラー博士(OTR)の監督の下、SPD 財団は最も総合的な次の財団プログラムについての情報など、知覚処理障害情報源となるウェブサイトを後援しています。

  • 教育 世界の誰もが、どこででも利用できるオンラインクラスのプログラムeLearningを通じて、家族および専門職向けの教育
  • 後援 研究および治療における最新の飛躍的な進歩を広く伝えるため、2つの教育シンポジウムを毎年後援
  • 指導 革新的評価および診療において職業療法士およびその他臨床医の指導
  • 研究 知覚処理障害の原因、診断、治療を研究
  • 発表 医学およびその他雑誌で革新的研究の発表
  • 支援 国際疾病および関連保険問題の分類(International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problemsなど診断の手引き・マニュアルにおいて、個別の、そして根拠のある障害として認識されるよう支援
  • 促進 学校、医療実務、家庭をはじめ、暮らし、遊び、仕事を行い、サービスを求める全ての場所で、診療、適応、正確な情報の促進
  • パートナーシップ デンバーにある一流STARセンターとのパートナーシップで、“sensational kids(感覚障害を持つ子ども)”と家族に対する研究ベースの治療と教育のプロモーション

知覚処理障害財団(Sensory Processing Disorder Foundation )に関する詳細はウェブサイトをご覧ください。サイトはすべて英語です。連絡も英語でお願いします。

ここをクリックしてください!

知覚処理障害財団感覚統合機能障害組織